読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先生、イギリス行くってよ。

〜平成生まれ、ゆとり世代の高校教師がUCL・Institute of Educationへ留学する話〜

【6】留学エージェントをどうするか

 

侑です。この土日はUCLの部活動組合、UCLUという組織が新入生歓迎イベントを大々的にやっており、キャンパスは朝の東横線並の混雑です。後日写真にてご報告いたします!

 

出願に関するエージェント

 

さて、前回の記事で掲載させていただいた大学院留学コンサルティングさんのネ申Youtubeのおかげで、海外大学院出願のプロセスをおおまかに把握できた僕が次にしたことは、留学エージェントに出願サポートを委託をすること。

大学院留学での有名所といえば、皆さん

 

www.beo.co.jp

www.ukeducation.jp

 

のどちらかにお世話になっているようですね。

 

BEOさん、SI-UKさん、どちらも英国政府指定の留学出願公式窓口になっているので、出願自体は英国への郵送ではなく、このエージェントさんに出せば良い、ということになります。つまり、こちらのエージェントさんのサポートを受ければ願手続き自体は日本語でできる、ということになります。楽。えげつない。自分でやるとえらい大変な量の資料を英語で読まなくてはいけません。仕事しながらだとキツいですよね。

 

両者のサービス内容は類似していて、

・出願サポート無料

・大きな留学フェアを年に数回開催して、現地の大学の方と会うことができる

・Personal Statement(志望理由書)の添削無料

・Personal Statement(志望理由書)や推薦書のサンプル閲覧無料

・学校・コース選択の情報提供、スケジューリング

 

などがあります。

他にも、メンバー登録後はカウンセリングや、留学準備、Personal Statement(志望理由書)の書き方、ILETS対策等、無料で受けられる講座が多くあります。

 

また、双方とも有料でIELTSや語学対策の集中講座、ビザ申請サポート等をやってくれます。有料の物に関してはBEOさんの方が圧倒的に値段が高いですが、、、。British Priceということなんでしょうか。今でしょ予備校並に高いであれは、、、。

 

エージェント選びの決め手

 

双方の説明を聞きに行って、僕は結局BEOさんにお願いすることにしました。

理由は、

 

担当の方のレスがすげー早くて丁寧だから

 

です。メールが正確。レス早い。そして見やすく大量の情報をくれる。

SI-UKさんもアットホームな感じですごく良かったです。

BEOさんはビジネスライク。まぁサポート内容は似ているので、好みとご自宅のロケーションによりけりですね。どちらも留学サポートの会社としては大きく信頼できる企業さんでした。

 

ちなみに、双方ともデポジットを要求されますが、

 

○BEO・・・2万円

○SI-UK・・・1万円

 

でした。ただし、これはそれぞれの会社を経由して出願した大学への進学が決まった際に返金される物で、実際僕も先日BEOさんからご返金いただきました。

 

つまり、僕はBEOさんに無料で出願サポートの全てをしていただいたことになります。

 

お世話になりました・・・。

 

もちろん、英国大学側や、政府側からの合格者の人数比でマージンバック等がそれぞれの企業にあるのかもしれませんが、それは僕達が考えることではないし、

 

自分で出願しても、エージェントに委託して出願しても授業料は変わらない

 

訳だから、

 

どう考えてもエージェント委託をした方が楽でお得

 

ということになります。かなりのサービス、そして情報を無料で頂くことができるので。もちろん、有料の語学クラスやサポートを受けなければの話ですが。

 

こちら英国に来ている日本人の皆様も、ほぼ全員がエージェント委託の下留学に来られています。BEOが渡航前に開いてくださった留学者パーティーで知り合った方も多く、助かっています。

 

ということで、僕の結論としては、

 

エージェント委託は絶対するべき

 

です。

ただし、エージェントによって出願できる大学が若干異なるので注意してください。

 

ちなみに、僕の周りには、

 

出願はBEO

有料のIELTS対策はSI-UK

 

という方が多く見られました。こんなやり方もありですね。